格安航空券は早めに予約するほどお得?

格安航空券は早めに予約するほどお得?

割引率が高く、場合によっては高速バスより料金が安くなることから、格安航空券は交通費を節約したい方に人気があります。しかし、同様のプランでも料金が異なることをご存知でしょうか?格安チケットは、早く予約するほどお得に利用できるのです。

早めに予約するとお得なプランもある

航空会社各社は、様々な運賃プランを提供しています。
中には数ヶ月前に予約を済ませると、料金がお得になるプランを提供しているところもあるのです。
通常の運賃と比べて安く利用できますので、飛行機の運賃が気になる方におすすめです。

早期予約で大幅に割引される

早めに予約するとお得になる運賃プランは、割引率の高さも特徴になっています。
例えば30日前と60日前に予約した場合、60日前に予約したほうが割引率は高くなります。
逆に言えば、予約が遅くなるほど割引率も下がることに注意が必要です。

50%以上割引の場合も

5割引きシール
早期予約のプランによっては、割引率が50%を超える場合もあります。
半額以下で利用できるようになるため、かなりの交通費を節約できるでしょう。


プランによって予約締切り日が異なる

一方の注意点として、各運賃プランによって予約の締切日が異なる点に注意が必要です。
例えば60日前に予約すると割引されるプランの場合、フライトの60日前までに予約する必要があります。

締め切られると予約不可

また、予約が締め切られてしまうと予約できなくなることにも注意しましょう。
人気の路線の場合、すぐに座席が埋まってしまうこともあります。
割引の恩恵を受けられなくなりますので、予約するタイミングに気を付けましょう。

予約の変更が不可能

早期予約が可能なプランの場合、予約後の座席変更・日時変更ができないことが多くなっています。
この辺りの予約に関する不便さも安い理由の一つなので仕方ないとも言えます。
もし予約変更したい時は、キャンセル扱いとなる航空会社もありますので、予約後の予定変更には注意が必要です。

座席数制限に注意

割引率の高い格安航空券は、座席数が限られている場合もあります。
所定の座席数が埋まってしまうと、販売が終了となりますので、利用したい時は空席照会を行うなど、残りの席数をチェックしておきましょう。

予定が決まってから予約しよう

早期予約で大幅割引を受けられる格安航空券は、運賃が安くなる一方で予約変更ができなかったり、座席数に制限があったりします。
特に予約変更できないデメリットがあるため、予定がしっかり決まってから予約したほうが良いでしょう。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 格安航空券をよりお得な料金で!買い方を事前に決めておこう All Rights Reserved.